◆ポケモンソード&シールド最強への道 プロローグ「クチバジム廃業の危機!がんばれマチス!」

2019年3月31日

※これは、最弱ジムリーダーマチスがポケモンソード&シールドで最強を目指すという、初心者向けの攻略記事です。

・・・

・・・・・・・

昔はいろんな挑戦者で賑わっていた、電気ポケモンの聖地・クチバジム。
しかし、様々な競合他社がひしめくようになった第8世代の現在。
マチスのジムはまさに廃業寸前であった・・・

・・・

・・・・・・


やまおとこ「もしもし、ジムバトルに挑戦したいのですが。」


マチス「久しぶりの獲物か!いいだろう、粉砕してくれる!!」


マチス「GO~!ライチュウ!!」

ライチュウ@持ち物なし
努力値:忘れた
技1:10万ボルト
技2:でんじは
技3:かみなり
技4:スピードスター


やまおとこ「いきますぞ!イシツブテ!!」

5分後・・・


マチス「何故ダァァ!!●ァァァック!!」


やまおとこ「いやはや、私でも合格できるなんて感激です!」
やまおとこ「では、オレンジバッチは頂いていきますぞ。」


マチス「くぅ~~ッ!!そこらのへんのオッサンにまで負けるなんて!!」
マチス「筋肉さえあれば、何とかなると思っていたのに!!」
マチス「仕方ねえ!こうなったら、あのジジイにメールして・・・」

翌日・・・


カツラ「久しぶりじゃな、マチス。」


チス「おッ!ようやく来たか、カツラのジジイ!!」


カツラ「てか何じゃ、突然メールしてきおって。」
カツラ「自分、LINEやってへんの?」


マチス「LINEって何??ええやん電子メールで。」
マチス「ポケモンもジムの経営方針も、昔ながらの方法が一番なんだよ!」


カツラ「バッカモン!!そんな古い考えだから、お前は負けまくっとるんじゃ!」

カツラ「ポケモンジム偏差値は常に全国最下位。」
カツラ「電気タイプしか出てこないから、誰でも受かる超アホジム。」
カツラ「財政破綻・廃業寸前のジム全国1位」

カツラ「それが、この・・・」


カツラ「第8世代のクチバジムの実態じゃあああ!!」


マチス「ガーーーン!!!!」
マチス「ジジイ!オレを助けてくれよ~~!」
マチス「オレ、ポケモン人生をやり直してぇよ!!」
マチス「そして、次回作『ポケモンソード&シールド』の…」


マチス「四天王になりてぇよォォォ!!!」
※写真は四天王になったマチスのイメージ図です


カツラ「しょうがねえな。分かったから泣くな!」
カツラ「ワシの年金で一杯おごってやるから元気出せや!」


マチス「いやー、オレは飲むならプロテインのほうがいいかな~」


カツラ「アホかっ、ミックスオレで我慢しとけ!」
カツラ「それ飲み終わったら、さっそく作戦会議を始めるぞい!」


テッテレー!!
カツラが仲間に加わった。

・・・

・・・・・・

こうして、次回作:ポケモンソード&シールドへの準備のための特訓ブログ、
『ポケモンソード&シールド最強への道』がスタートしたのであった。

つづく!!