◆ポケモンソード&シールド最強への道 第2話「パーティー構築論① 使いたいポケモンを1体決める」

2019年3月31日

※これは、最弱ジムリーダーマチスがポケモンソード&シールドで最強を目指すという、初心者向けの攻略記事です。

<今回の目的>
ポケモン選びは、強さだけでなく思い入れがあったほうが楽しいじゃん♪
まずは、パーティー構築のメインとなる「お気に入りの1体」を選ぶところから始めよう!


<前回までのあらすじ>

「地面ポケモンだけで突破できる」とウワサの、超ザコジムリーダー・マチス。
クチバジムが廃業寸前なのを不景気のせいだと考えていたが、実は自分の実力不足が原因であった。
炎ポケモンの使い手・カツラに相談したものの、ド素人同然の腕前に呆れられてしまう。
このままではいけない!次回作:ポケモンソード&シールドでも勝てるように今から準備をしたい!
マチスとカツラの2人は、ミックスオレを片手にポケモンの作戦会議を行うことになった。


マチス「ジジイさあ、とりあえずオレのパーティーを分析してくれよ。」

ビリリダマ
コイル
ライチュウ


カツラ「自分、ポケモンバトルをナメてんの?」
カツラ「3匹しかおらんし、進化途中やし、種族値たりひんし…」

カツラ「何より・・・バランスが悪いわ!!」


マチス「バランス理論の男みたいなこと言うなや、ジジイー!!」


マチス「くっ、じゃあこれでどうだ!!」

ネズミ(ライチュウ)
機械(ジバコイル)
鳥(サンダー)
魚(ランターン)
メガ枠(メガデンリュウ)
何か(デンジュモク)


マチス「色々入ってて、バランス良いだろ?」


カツラ「バカチンが!見た目のバランスじゃなくて、タイプのバランスが大事なの!」

カツラ「自分、途中からおかしいと思わへんかったん?」


カツラ「プロのジムリーダーが、ガキンチョなんかにあっさり負けるとかさ!」

カツラ「タイプ統一でジム経営とか、ビットコインより危険なビジネスやで!!」


マチス「くそっ!コイキング6匹パーティーの釣り人と同じ扱いかよ!」


カツラ「よしじゃあ、一緒にパーティー構築してみっか!」

<パーティー構築の基本>
× とりあえずお気に入りの電気タイプを6匹揃える
〇 バランス良く

<バランス良いパーティーとは?>
× ネズミ(ライチュウ)機械(コイル)鳥(サンダー)魚(ランターン)
〇 電気タイプ、炎タイプ、草タイプ、水タイプ、鋼タイプ、飛行タイプ…


カツラ「しかしそうは言っても、自分どうせ電気タイプ使いたいんやろ?」


マチス「イエス!イエス!イエェェェ~~ス♪」


カツラ「昔のシャンプーのCMみたいなノリで言うな!!」


マチス「だけどCMの最後に出てくる老人、カツラにちょい似てるけどな!」


カツラ「なんでやねん!ハゲとるだけやろ!!」

カツラ「まあいい…話を元に戻すぞい。」

 今回のテーマ:使いたいポケモンを1体決める


カツラ「ある特定のお気に入りポケモンを使いたい!という考え方…」

カツラ「単純に聞こえるが、実は間違っていないぞ。」

カツラ「お気に入りのポケモンを1体決めるメリットは、以下の通りだ!」

1)パーティー編成が早く決められる
・パズルの最初のピースが決まっているようなものなので、作り出しが早い。
・最初の1匹をフォローする形で残りの5匹を決めていくので、編成がブレにくい。
・1匹目が固定=縛りプレイに近い感覚なので、思わぬ組み合わせが見つかって楽しい。

2)コンセプト&勝ち筋を見つけやすい
・このポケモンを活躍させたい!
・このコンボを決めたい!
・上記のような目標設定がしやすいので、バトルにメリハリが出る。

3)勝ち負けに対するストレスが減る(←超大事)
・お気に入りという理由でポケモンを選ぶとパーティーに愛着が湧く。
・負けても「このポケモンで見せ場を作れたから良し!」みたいになる。
・特定のポケモンにやたら詳しくなれるので、大会やブログでウケが狙える。


カツラ「以上じゃ。さあ、お気に入りの1体を選べ!」


マチス「じゃあ、電気ポケモンの中から選ぶかー♪」


カツラ「えっ?炎じゃないの?


マチス「るせぇ!ジジイは引っ込んでろ!」


カツラ「炎を使わずして、ポケモン界を生きる資格はねぇ!!」


マチス「1匹目からモメてどーすんだよ!!」


カツラ「モメてるんじゃなくて、燃えてるんだよ!!」

10分後・・・

カツラの炎とマチスの電気!

カツラ「折衷案として、これが混ざったポケモンを1体目にするしかないわい!」


というわけで今回は、炎ポケモンの中でワシも特にお気に入りの…
こいつを譲ってやろう!!

???「キュロロ・・・」


ロトム(ヒートフォルム)
炎/電気タイプ

ヒートロトム@HP半分回復木の実
オーバーヒート
ボルトチェンジ
目覚めるパワー氷
鬼火

努力値配分:HPに252 とくこうに252 性格:控え目


基本技の「オーバーヒート」
対戦で強力な「ボルトチェンジ」
技の範囲を広げる「目覚めるパワー(氷)」
役割対象の飛行ポケモン、鋼ポケモンは物理攻撃が主体なので、それに対抗する「鬼火」

努力値配分は・・・
繰り出し性能と後続への負担を重視して、
HP&とくこうをMAXにしておいたぞい!!

持ち物は・・・
同じく、繰り出し性能を維持するために、
HP半分回復木の実を持たせてみたぞい!!


マチス「気に入った!超クールで痺れる電気ポケモンだぜ!」


カツラ「炎タイプが複合した、激熱ポケモンでもあるからな♪」


マチス「それじゃあ、こいつのニックネームは…」
マチス「電気ポケモンだから、パチーノで決まりだな!」


カツラ「…ニックネーム、安易すぎじゃね?」


マチス「オレの好きな映画、アル=パチーノが主演だからな!」


カツラ「ヒートロトムの愛らしさと名前が合ってねー!!」


テッテレー!!
マチスはヒートロトム(パチーノ)を手に入れた!!

次回の記事のテーマは・・・
「②現在の対戦環境によくいるポケモンを調べてみよう!」

乞うご期待!